コンプレックスを解消する

頬を触る人
一重から二重になりたいと考える人におすすめなのが、二重の整形手術です。二重の整形手術は、埋没法と切開法の2つがあります。それぞれによって費用がことなるため、きちんと確認しておきましょう。

パッチリ目元に変身

目元

簡単に顔の印象が変わる

時代が変わればファッションも変わるように“魅力的に見える顔立ち”もその時々によって変わります。現在の日本ではぱっちりと開き、はっきりとしたラインの二重まぶたが可愛らしい、カッコいいと言われる傾向にあるでしょう。しかし日本人は一重の人も多く、欧米と比べれば瞳も目も小さい人が少なくないため、自分の目にコンプレックスを抱いているという人も多くいます。そのため、二重まぶたへの整形を望む人は多く、美容外科などでもメスを使わない手術方法や数分で終了してしまうような簡単な整形方法など、様々なサービス・手術方法が展開されつつあるのです。まず第一に、二重にするための整形手術は大きく分けて2つに別れるといえるでしょう。それはメスを使うものと使わないもので、当然ながらメスを使わないほうが時間がかからず費用もかかりません。一方で、メスを使う施術は費用と時間がかかるぶん、切開できる範囲や持ち上げられるまぶたの厚みが増えるため、より瞳を大きく見せたり、自分の理想の形を実現しやすいという利点があります。メスを使わない方法のなかで、広く知られた方法といえば埋没法だといえるでしょう。埋没法は瞼に医療用の糸を埋め込むことで、まぶたの肉に癖付けをして二重を実現する整形方法です。スタンダードな方法であれば両目あわせて10,000円前後、麻酔や術後のアフターケアなどを含めてもおよそ15,000円〜20,000円ほどで、周りにも知られにくく、誰でも気軽に利用できる施術方法と言えます。埋没法にもいくつかの種類があり、糸を埋め込む箇所を増やすことで、より瞳をくっきり見せる方法や、ふたえのラインを自分好みに変える方法もあるのです。二点どめ、三点どめなどとも呼ばれ、糸を縫い込む箇所が増えることで、厚みのあるまぶたでもきっちりと二重にすることができたり、自然な仕上がりになるといった点が魅力と言えるでしょう。さらに、美容外科クリニックでは独自に特殊な糸を開発しているケースもあり、一般的な医療法の糸よりも持続期間が長い、糸の結び目がゴロゴロしているように感じることがないなど、オリジナルの整形プランを展開していることもあります。このように施術のグレードが上がる場合、費用も加算されることがあり、両目でおよそ20,000円〜70,000円ほどが相場となるでしょう。次に、メスを使って整形する方法ですが、こちらは糸を使用する方法よりも費用が高く、150,000円〜400,000円ほどの料金になることもあります。瞼を切り開く方法や、目頭や目尻を切開して瞳そのものを大きく見せる施術などがあり、埋没法ではできないような幅の広い二重を作りたい人や、手術後も安定したふたえでいたいという人に最適と言えるでしょう。ちなみに、費用が高い美容整形の場合、永久保証が適応されていたり、無料のアフターケアを受けられることもあります。整形するなら絶対に失敗したくない、何度も通院したくないと考えている人にもこうした方法の方が向いているかもしれません。ちなみに、どのような整形手術においてもベンチタイムが必要となっています。ベンチタイムというのは手術の影響で起こった腫れや痛み、赤みなどが消えるまでの時間のことで、ベンチタイムの最中には化粧やコンタクトレンズの利用が禁止されていることもあるのです。しかしながら、目の整形ではベンチタイムを半日〜1日程度と非常に短く抑えているものも多く、周囲に知られずに二重にしたいと考えている場合には、ベンチタイムも視野に入れて、手術内容を検討した方が良いでしょう。

理想の目を手に入れる

レディ

二重になるためには、整形手術という方法がおすすめです。埋没法や目頭切開など様々な方法があり、クリニックによってかかる費用は大きく変わります。自分に合った二重の手術方法を見つけて、満足行く治療を行いましょう。

目の悩みを改善できる

目を瞑る人
二重整形は、二重になりたいと希望する女性に人気となっている整形手術です。現在二重整形には、2つの種類がありそれぞれにおいて、特徴や魅力があります。二重整形を受ける際には、美容外科選びがとても重要となるため、費用などもきちんと確認してから選ぶようにしましょう。